トップページへ戻る

2012年02月18日更新

三角フラスコからのお知らせ


この度の東北地方太平洋沖地震で亡くなられた皆様の
ご冥福をお祈りすると共に、
被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。


web R25「東日本大震災、被災地のR25世代」
仙台・森忠治「暴力的なノンフィクションに負けたくない」

三角フラスコのプロデューサー・森忠治が、web R25|政治・社会のR25コラムの連載「東日本大震災、被災地のR25世代」に登場しました。インタビューが掲載されています。ぜひ、みなさんお読みください。

web R25「東日本大震災、被災地のR25世代」仙台・森忠治「暴力的なノンフィクションに負けたくない」

△トップにもどる

瀧原弘子×生田恵
「はなして」三角フラスコ“サッポロ・ショーケース”参加−札幌

札幌で活躍する演劇人たちによる短編演劇見本市「サッポロ・ショーケース2012」
20分×3作品=60分を1プログラムとして、2日間に渡って上演されるこのイベントに、三角フラスコが仙台から参加させていただくことになりました。
三角フラスコは、生田恵(作・演出)×瀧原弘子(出演)による一人芝居「はなして」を上演します。
この作品は、2011年8月に最強の一人芝居フェスセレクションツアー “INDEPENDENT:JAPAN TOUR−仙台公演” にて初演。
その後、2011年11月に大阪にて “INDEPENDENT:11” に参加、2011年12月には横浜のカンパニー「ペピン結構設計」さんとの合同公演という形で東京公演を行っています。
仙台・大阪・東京と上演して、今回の札幌が4カ所目の上演地となります。

日程・会場

日程:2012年2月25日(土)〜26日(日)
会場:生活支援型文化施設 コンカリーニョ[札幌・琴似]

ラインアップ

【オードーリ・アクト】
「これぞ演劇!」を感じさせるプログラム。
>>> 劇団アトリエ、劇団欠陥工事、ドライバナナン

【ススキノ・ラフィン】
人間のおかしさと「笑い」がつまったプログラム。
>>> 星くずロンリネス、エンプロ、TBGS.

【コトニ・ジャム】
何が起こるか分からない、ジャムセッション的プログラム。
>>> 即興組合、イレブン☆ナイン×yhs、SESSION SHOW-CASE2012

【トウホク・ホープ】
東北の今と未来を見つめていくプログラム。
>>> 三角フラスコ(from仙台)、フクツマ
※三角フラスコ「はなして」生田恵(作・演出)×瀧原弘子(出演)=【トウホク・ ホープ】

上演スケジュール

◇2月25日(土)
17:00〜 ススキノ・ラフィン
18:30〜 オードーリ・アクト
20:00〜 トウホク・ホープ
21:30〜 コトニ・ジャム

◇2月26日(日)
13:30〜 トウホク・ホープ
15:00〜 コトニ・ジャム
16:30〜 ススキノ・ラフィン
18:00〜 オードーリ・アクト

※開場は各30分前。
※1DAYチケットをお持ちの場合は、続けて会場にいられます

チケット

■1プログラムチケット:前売・予約¥800−/当日¥1,000−(自由席)
■1DAYチケット:前売・予約のみ¥1,800−(各日限定50枚)

チケット予約はCoRich舞台芸術!からできます。
携帯からの予約はこちらをクリック!

CoRich舞台芸術!

1DAYチケットをご予約の場合は、まず「公演日時」の項目で、下記の日時をお選びください。

■25日(土)の1DAYチケットの場合
→2/25(土)17:00
■26日(日)の1DAYパスの場合
→2/26(日)13:30

その後、チケット種類の中からご選択ください。
なお、ご入場は必ずしも最初のプログラムからでなくとも構いません。

関連記事

仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会スタッフブログ
生田恵のインタビューが掲載されています。どうぞお読みください。

△トップにもどる

A級MissingLink+三角フラスコ合同公演
「限定解除、今は何も語れない」+「あと少し待って」−仙台

2011年10月に大阪で初演、反響を呼んだA級MissingLink+三角フラスコ合同公演。いよいよ、仙台での上演が決定いたしました。

−共通のキーワードは、「沈黙」
大阪と仙台、2つのカンパニーが311以後の物語に挑む−

A級MissingLink+三角フラスコ合同公演

A級MissingLink第18回公演「限定解除、今は何も語れない」
作・演出:土橋淳志
出演:横田江美、松原一純、松嵜佑一、細見聡秀、新城アコ、幸野影狼/緒方晋(The Stone Age)
+
三角フラスコ#36「あと少し待って」
作・演出:生田恵
出演:瀧原弘子、小濱昭博/山澤和幸、岩住浩一(シェイクスピア・カンパニー)

日時

2012年5月19日(土)〜21日(月)※全5ステージ

会場

エル・パーク仙台スタジオホール
仙台市青葉区一番町4丁目11番1号 141ビル(仙台三越定禅寺通り館)6階

開演時間

19日(土)14:00/19:00
20日(日)14:00
21日(月)14:00◆/19:00
◆平日マチネ割引料金

*受付開始(入場整理券発行)・当日券販売=各45分前
*開場=各20分前
※上演時間(予定)=130分、休憩あり

チケット

料金:日時指定/全席自由
前売 2,300円
当日 2,800円
◆平日マチネ 前売 1,800円 当日2,300円

割引チケット
U-25割(25歳以下の方)1,000円
ペア割 4,000円(枚数限定・予約のみ)
※未就学児は入場できません。

チケット予約◎2012/2/19(日)0:00より開始いたします。

チケット予約はCoRich舞台芸術!からできます。
携帯からの予約はこちらをクリック!

CoRich舞台芸術!

また、本公演は“CoRich舞台芸術まつり!2012春”にエントリーしています。 「観たい!」に応援コメントをお願いいたします。

CoRich!舞台芸術>A級 MissingLink+三角フラスコ合同公演「限定解除、今は何も語れない」+「あと 少し待って」仙台公演
※コメントする前にここからメンバー登録をお済ませ下さい(写真不要・ハンドルネーム可)

今、考えているのは距離について。地域と地域の距離であり、人と人の距離。きっかけは僕がまず大阪でメディアを通して震災のことを知り、その後、4月に仙台・福島を訪れたことです。大阪と仙台の間にはもちろん距離がありますし、仙台市内と沿岸部にもまた距離があるようです。演劇はそもそも距離を扱うのに長けたジャンルではないかと思います。虚構と現実、演出とテキスト、役柄と俳優。なので、そういったことをふまえながら、よき隣人になるにはどうすればいいのか?只今、稽古しながら考えている次第です。

―土橋淳志(A級 MissignLink)大阪初演時のチラシより

3月11日のことを、内陸に住んでいる私は「地震」と呼び、沿岸部に住む私の叔母は「津波」と言う。電気が復旧するまでの数日間、私は、なにも知らなかった。というより、わかっていなかった。ただ淡々と、日々を生き抜いていただけだ。その後、状況は刻々と変化していくのだけれど、あの静かな日々が、どういうわけかひっかかる。私にとっての、空白の3日間。あのとき、なにか感じていただろうか。これから、生きるための、ことを。

―生田恵(三角フラスコ)大阪初演時のチラシより

主催:A級MissingLink+三角フラスコ

大阪初演の感想まとめ

twitterでお客さまからいただいた感想をまとめてあります。
まとめはこちら

上演データ(大阪初演)

A級MissingLink+三角フラスコ 合同公演

ウイングフィールド提携公演
第3回むりやり堺筋線演劇祭参加公演

A級MissingLink第18回公演「限定解除、今は何も語れない」
作・演出:土橋淳志
出演:横田江美、松原一純、松嵜佑一、細見聡秀、新城アコ、幸野影狼/緒方晋(The Stone Age)
+
三角フラスコ#36「あと少し待って」
作・演出:生田恵
出演:瀧原弘子、小濱昭博/山澤和幸、岩住浩一(シェイクスピア・カンパニー)

2011年10月15日(土)〜18日(火) *全7ステージ
ウイングフィールド

△トップにもどる

小濱昭博
若伊達プロジェクトプロデュース公演 act.1.5
「桃の花を飾る」演出−仙台

小濱昭博が演出で参加します。脚本は大阪の新鋭カンパニー、コトリ会議の山本正典さん。出演者・スタッフは仙台のこれからを担う若手の演劇人による公演です。ぜひ応援お願いします。

日程:2012年3月2日(金)〜4日(日)
会場:せんだい演劇工房10-BOX box-1

詳細は http://wakadate.info/ をご覧ください。ご予約も受付中です。

△トップにもどる

小濱昭博
若伊達プロジェクトプロデュース公演 act.1.5
短距離男道ミサイル「どんつく性(サーガ)」出演−名古屋

小濱昭博が出演します。仙台で噂の“短距離男道ミサイル”、今回は名古屋にて C.T.T.nagoya試演会Vol.16に参加しての新作上演です。

日程:2012年3月24日(土)〜25日(日)
会場:ナンジャーレ

詳細は C.T.T. Nagoya をご覧ください。

△トップにもどる

SUBTERRANEAN Dialogue
三角フラスコ×ペピン結構設計「ハウ・アー・ユー?」
瀧原弘子×生田恵|「はなして」(8月仙台初演)−東京【公演終了しました】

サブテレニアンさんの劇場企画[SUBTERRANEAN Dialogue]に参加しました。
横浜を拠点とするペピン結構設計さんとの合同公演でした。

公演の感想まとめ

twitterでお客さまからいただいた感想をまとめてあります。
まとめはこちら

上演データ

SUBTERRANEAN Dialogue
三角フラスコ×ペピン結構設計「ハウ・アー・ユー?」
―仙台と横浜、それぞれの物語。2作連続上演―

三角フラスコ「はなして」
作・演出:生田恵 出演:瀧原弘子

ペピン結構設計「アマゾン」
作・演出:石神夏希 出演:下田寛典 角北龍 中澤大輔 吉田能 石神夏希

日程:2011年12月10日(土)〜13日(火)
会場:サブテレニアン

書き始めたのは、5/7。いろいろあって中断していた、一人芝居の稽古再開初日。一人芝居だっていうのに、森さんがなぜか闖入。タキハラさんと二人で謎のダンスを踊る。それを見て、「はなして」というタイトルが受かんだ。「書く」 ことがなかなかできなかった私は言葉のカケラをかき集めた。風景と、記憶の断片。そんなものでできている。再演にあたって久しぶりにタキハラさんの声で聞くと、一挙にあの場所まで連れ戻された。癒えない傷を隠す必要はどこにもないんだ。

―生田恵(三角フラスコ)

2月初旬にペピンの公演があったとき、三角フラスコの皆さんが横浜まで来てくれました。私たちはその2ヶ月後、高速バスで仙台へ行きました。森さんが「コンビニでパンが買えるようになった」と話していたのを覚えています。仙台−東京をパンが行き来することにも人間が行き来することにも、等しく感動がありました。その距離を超え今回もやって来た三角フラスコさんを思います。そして日々行き来するパンのこと、そのリズムのことを。

―石神夏希(ペピン結構設計)

主催:三角フラスコ・ペピン結構設計 共催:サブテレニアン

△トップにもどる

瀧原弘子×生田恵
in→dependent theatre PRODUCE #16"INDEPENDENT:11"
「はなして」(8月仙台初演)で参戦!−大阪【公演終了しました】

最強の一人芝居フェス"INDEPENDENT:11"に、8月のJAPAN TOUR-仙台公演に引き続き、三角フラスコから瀧原弘子(出演)×生田恵(作・演出)による作品「はなして」で参戦しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

2011年11月24日(木)〜27日(日)
in→dependent theatre 2nd[大阪]
※「はなして」は11/25(金)・26(土)・27(日)の上演でした。


瀧原弘子×生田恵「はなして」=[g]

ラインアップ

[a]「龍馬神伝説〜宝塚市民話より〜」
出演・脚本・演出:青山郁彦 [BLOG]

[b]「ハードボイルド演芸」
出演・脚本・演出:伊藤えん魔(ファントマ)

[c]「どくはく」
出演:大西千保×脚本:玉置玲央(柿喰う客)×演出:上原日呂(月曜劇団)

[d]「愛が僕らを分かつまで」
出演:菊池祐太×脚本・演出:上野友之(劇団競泳水着) [from東京]

[e]「時間切れを待ちながら」
出演・脚本・演出:白濱隆次(謎のモダン館)×演出:大坪文(謎のモダン館) [from長崎]

[f]「ママゴトの部屋」
出演:鈴木ハルニ(ゲキバカ) ×脚本・演出:サリngROCK(突劇金魚) [from東京 with大阪]

[g]「はなして」
出演:瀧原弘子(三角フラスコ) ×脚本・演出:生田恵(三角フラスコ) [from仙台]

[h]「エアデート 完全版」
出演:田渕彰展(北京蝶々) ×脚本:大塩哲史(北京蝶々) ×演出:北京蝶々 [from東京]

[i]「アタシ惑乱スパイラル」
出演:永津真奈(Aripe) ×脚本・演出:芦田深雪(劇団ひまわり)

[j]「赤い蝋燭の灯り」
出演:西出奈々(彗星マジック) ×脚本:三宅由利子(演劇農耕者) ×演出:勝山修平(彗星マジック)

●トライアル作品●
[t1]「追いかけて千日前〜幸せはどこに〜」
出演:是常祐美(シバイシマイ) ×脚本・演出:かのうとおっさん(かのうとおっさん)

[t2]「次の場所までさようなら。」
出演:中嶋久美子(ムーンビームマシン) ×脚本:二朗松田(はちきれることのないブラウスの会) ×演出:泉寛介 (baghdad cafe')

△トップにもどる

小濱昭博|七ツ寺共同スタジオ AIR(アーティスト・イン・レジデンス)vol.7参加−名古屋【公演終了しました】

小濱昭博が名古屋の老舗劇場、七ツ寺共同スタジオの劇場企画に招聘され、1週間名古屋に滞在し、現地の演劇人と交流しながら作品「ここから」を製作し、 C.T.T. Nagoya試演会にて発表しました。

C.T.T. Nagoya

日程:2011年11月26日(土)〜27日(日)
会場:七ツ寺共同スタジオ

△トップにもどる

三角フラスコプロデュース
土橋淳志(A級MissingLink)
「裏山の犬にでも喰われろ!−ドラマリーディング」−仙台【公演終了しました】

三角フラスコ16年目にして、初めてのプロデュース公演は無事に終了しました。 平日のみの公演にも関わらず、たいへんたくさんのお客さまにご来場いただきま した。ありがとうございました。

上演データ

三角フラスコプロデュース
土橋淳志(A級MissingLink)
「裏山の犬にでも喰われろ!−ドラマリーディング」

脚本・演出:土橋淳志(A級MissingLink)
演出助手:生田恵(三角フラスコ)

出演:
上島奈津子(Shang yu)、瀧原弘子(三角フラスコ)
菊田由美(劇団無国籍)、後藤史織、
茅根利安(ココロノキンセンアワー)、野々下孝(仙台シアターラボ)
寺島広(I.Q.150)、長谷野勇希(TheatreGroup“OCT/PASS”)
岩住浩一(シェイクスピア・カンパニー)、齋藤裕亮(東北学院大学演劇部)

日時

日程:2011年11月9日(水)〜11日(金)
会場:エル・パーク仙台スタジオホール

△トップにもどる


被災された皆様の一日も早い復興をお祈りします。
また劇場でお会いしましょう!

三角フラスコ
生田恵・瀧原弘子・小濱昭博・森忠治


通常のトップページはこちら